今の時代は若者たちに優しくない

少子超高齢社会,働き方改革,晩婚化,女性の社会進出,資源エネルギー問題,エトセトラエトセトラ…

令和となってもうすぐはじめての年越しを迎えます.この1年もたくさんの社会問題が連日のニュース番組を彩りどりに飾っていました.

東進の国語の講師である,林修先生と高学歴ニートの対談する番組を見ていて,林修先生が仰った言葉に

今の時代は若者たちに優しくない

という言葉がありました.あれ?ニートの人が言ったんだっけ??そこは覚えていないんですけど,でもこの言葉が強く頭に残りました.

サムネの画像にもあるように少子高齢社会では,お年寄りたちがゆうゆうと暮らすための年金を自分たち若者が稼いで,支払ってはいけない社会構造です.しかも,その負担は,お年寄りの人たちがたくさんふえることにより,年金に依存した暮らしをする人が増えていきます.でも,子供は少ないんです.つまり,それを支える若者たちはちょっと前の人たちの負担よりもたくさんの負担を背負うことになります.

だからこそ,優しくないんです.世の中は若者に厳しいんです.

厳しい

消費税が8%から10%に変わりましたね.

消費税

沢尻エリカの逮捕の裏では,国会で,社会保険についての改正法案について議論されています.世論の注目を別のところに移すために司法と国会とが協力して,世の中の人達を騙そうとしているのです.

日本の若者は政治関心度が低いことで,世界的に有名です,自分もちょっと前まではその一人でした.もう24歳になるんですが,選挙には一回も行ったことがないんです.

一人暮らしで,住民票を移していないからということが関係しているのは確かなんですけどw

こういやって,普段からボーッと生きている人は世の中の頭の良い人たちに都合よく利用されて,お金稼ぎがうまい人達にはよりそこに富が集中しちゃうんです.

お金持ち

でも,こんな悪いことばっかではないんです.自分たちが生活している基準,水準って,かなり大きく変化しているってみなさんは気付いていますか?

たしかに夜道を女性一人で歩いていたら,危ないかもしれません.でも,常に命の危機に晒されている戦時中と比べると,その治安の良さは愕然としています.

これを見ているスマホはまだ,世界に登場して10年経ったくらいなんです.携帯電話すらなくて,手紙とか石碑とかで自分たちの思い,考えを伝える時代もあったんです.

その水準を上げるために毎日毎日,日本のために,自分のために,大切な人のためにと頑張って頑張っていたのは誰ですか? 歯を食いしばって,辛い辛い夜を何日も何日も経験して,でも諦めないで少しずつ積み重ねてきたのはだれなんですか?

そう,お年寄りたちなんです.自分たちが過去の人と呼んでいる年上の方々なんです!!

音楽を聞きながら,スマホ片手にゲームして,ゆっくりと学校に向かうことができるのは,これまでに頑張ってきた人たちがいたからなんです.

お年寄りたちが,年上の人たちが,今の自分達をここまでのところに連れてきたんです.そうやって,人間は進化を続け,人々の思いを繋げてきたんです.

それを厳しいからと言って,やめてしまっていいんでしょうか??

ここまで連れてきてくれた人たちに感謝や敬意を忘れてしまっていいのでしょうか??

自分は.絶対

そうではない

と感じています.

なんかポエムっぽくなりましたねw

未来をこれから作る自分たちが未来を生きる自分たちの子どもたちにより幸せで豊かな生活を送ってほしいと願わない人はいないと思います.

その紡がれてきた思いを歴史を明日へつないでいくことが大切です.

今の時代は若者たちに厳しい

はたしてそうでしょうか?